保険料関連の各種特約(「運転者限定特約」、「運転者年齢条件特約」など)を紹介



自動車保険の特約の中には、保険料に関する特約がいくつかあり、その特約を設定することにより保険料を安くすることができるものがあります。また、特に保険料を安くするものではありませんが、保険料にかかわる特約もあります。

保険会社によっては、特に特約という形になっていないところもありますが、どの会社でもほぼ同じ内容の設定が可能です。

ここでは、そういった自動車保険の保険料に関する各種の特約を紹介していきます。


保険料を安くできる特約

自動車保険料を安くできる特約には、「運転者限定特約」、「運転者年齢条件特約」、「等級プロテクト特約」があります。


運転者限定特約

「運転者限定特約」は、契約車を運転する人を限定することにより、保険料を安くできる特約です。

設定が可能なのは以下の3種類で、上から保険料が安くなる順になっています。

  • 本人限定
  • 本人・配偶者限定
  • 家族限定

「家族限定」に設定した場合は、以下の人が補償対象になります。

  • 記名被保険者
  • 配偶者(内縁も含む)
  • 同居の親族
  • 別居の未婚の子供(バツイチはNG)

なお、アメリカンホームダイレクトには、「家族内記名運転者限定」という設定もありました。これは、運転者を家族に限定し、さらにその家族の中の特定の人だけに限定できるものです。(新規引き受け停止済み)


運転者年齢条件特約

「運転者年齢条件特約」は、ドライバーを特定の年齢以上の人に限定することにより、保険料を安くできる特約です。(特約ではなく、「運転者年齢割引」としている保険会社も多いです)

年齢の設定には、主に以下のようなものがあります。

  • 全年齢
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 35歳以上補償

この年齢の設定は保険会社によって若干異なり、35歳以上補償の設定がない会社や、さらに細かく、40歳・50歳・60歳などの設定もある会社もあります。

一般的に年齢が若いほうが事故率は高いため、年齢が上がるごとに割引も大きくなりますが、高齢者になると逆に事故率が高くなる傾向もあるため、40~50代で一旦下がった保険料が、60歳以上になると上がるケースもあります。

年齢条件を設定する際には、運転する人の中で一番若い人の年齢が含まれるように設定しますが、補償される範囲は、「記名被保険者・配偶者・同居の家族」と「業務に従事する人」が含まれます。

一方、別居の子供や友人・知人などが運転中に事故を起こした場合は、年齢にかかわらず補償されるため、別居の子供の年齢は気にする必要はありません。

ただ、「運転者限定特約」で、本人や本人・配偶者限定を設定している場合は、別居の家族でも補償されませんので、注意しましょう。


等級プロテクト特約

「等級プロテクト特約」は、等級がダウンする事故を起こした場合でも、次年度の等級を据え置くことができる特約ですが、現在はすべての保険会社で、この特約は廃止されています。

ただ、朝日火災では、保険期間中に事故で保険を使った場合でも、契約期間中は保険料が上がらない長期保険「ASAP6」を提供しています。

この「ASAP6」には、以下のようなメリットがあります。

・保険期間が6年以上の場合、保険期間に3等級ダウン事故を1回起こしても、次の契約の事故有係数適用期間は0年になる
・3年目までに3等級ダウン事故を起こしても、契約期間中は保険料が上がらないため、1年契約より安くなる(次の契約の保険料は1年契約と同じになる)


保険料に関するその他の特約

保険料を安くできるものではありませんが、保険料に関係する特約もほかにいくつかあります。


自動継続特約

保険の更新手続きを自動的に行ってくれる特約です。

仮に更新手続きを忘れていた場合でも、一定期間(おおむね1か月程度)内に継続手続きを行えば、満期後の事故に対して補償を行ってくれます。

その際の補償内容は、満期前と全く同じ補償内容になります。一方、年齢条件については、きちんと更新されますので、割引も適用されます。(満期前25歳で、満期後が26歳になる場合、26歳の割引料金が適用されます)

なお、保険料も自動的に引き落とされる保険会社と、支払いがなければ一定期間後に自動的に解約される会社があります。

自動的に引き落とされる会社の場合、満期の14日前くらいまでに解約の意思を示さないと、料金が支払われてしまうことになりますので、他の会社に変更する場合は、解約手続きを忘れないようにする必要があります。

ただ、満期後でも解約し、返金してもらう可能なケースもありますので、あきらめずに保険会社に確認したほうがいいでしょう。


クレジットカード登録特約

特約と名がついていますが、単にクレジットカードで支払う場合に付帯する特約です。

オンラインからの申し込みで、クレジットカード払いを選択した場合などに自動的に設定され、加入者は特に設定する必要はありません。