「自宅・車庫等修理費用補償特約」とは?その補償例や補償範囲は?



「自宅・車庫等修理費用補償特約(自宅・車庫等損害補償特約)」は、車庫入れに失敗した場合などに、自分で契約車を車庫にぶつけてしまったり、家にぶつけて壊してしまったりした場合、その修理費用を補償してくれる特約です。

自宅や車庫など、自分が保有、または管理する物を、自分の車で破損してしまった場合、対物賠償や車両保険などでは補償されません。(対物賠償は「他人」のものを壊してしまった場合に相手の損害を補償/車両保険は自分の車の損害のみ補償)

そのため、自分の車で自分の家や車庫を壊しても、この特約に加入していなければ補償はされません。


自宅・車庫等修理費用補償特約で補償されるケース

自宅・車庫等修理費用補償特約で補償される例としては、以下のようなものが挙げられます。

補償されるケース

  • 自宅の車庫入れの際に車をぶつけて破損させた
  • 帰宅の際に誤って車を自宅にぶつけてしまい壁を壊した

自宅・車庫等修理費用補償特約の補償額

この特約を提供しているのは、SBI損保やAIU損保など、ごく一部の保険会社だけです。

支払われる保険金は20万円~50万円の範囲で、使用回数が年間1回だけの会社と、複数回使用可能でも上限がある会社があります。

なお、この特約に加入するには、車両保険への加入が必要です。また、この特約を使用した場合、等級ダウンもありますので、大きく破損した場合以外では自腹で払ったほうが、結果的に安く済む場合もあります。


マンションやアパートを破損した場合は?

この特約は、前述のとおり、自宅の車庫などを破損した場合に補償する特約ですが、借家やアパートに住んでいて、その建物や車庫、駐車スペースなどを壊してしまった場合はどうでしょうか?

この場合は、破損場所が「専有部分」か「共有部分」かによって変わってきます。

専有部分、つまり住んでいる人だけが使用している箇所(自分の部屋や駐車スペース)を破損した場合は、この自宅・車庫等修理費用補償特約が適用されます。

一方、共有部分、つまり同じ建物に住んでいる人が共同で利用している場所(マンションの入り口や外壁など)の場合は、対物賠償で補償されます。

実際にどちらが適用されるかは、保険会社の判断によるため、詳細は保険会社に確認が必要です。


火災保険では補償されないのか?

車庫などの破損を、自動車事故という観点ではなく、自宅のトラブルという観点で見ると、火災保険で補償される可能性が思い浮かぶかもしれません。

実際に、火災保険の中でも、総合補償タイプのような補償範囲の広い火災保険では、「他物との衝突災害」として補償されます。

また、借家やマンションなどの専有部分に対する損害に関しても、借家人賠償責任特約や個人賠償保険で補償される可能性もありますので、自分の保険の内容を確認してみましょう。


自分の車の傷は、車両保険にて補償

車庫や家を破損してしまった場合、当然自分の車にも傷がつきます。

自分の車の傷は、車両保険で補償されますが、自宅の車庫や家による破損の場合は、一般タイプ(フルカバータイプ)の車両保険に加入していないと補償はされませんので、注意しましょう。