「他車運転危険補償特約」とは?補償されるケースと範囲は?自損事故は補償される?



「他車運転危険補償特約(他車運転危険特約/他車運転危険担保特約)」は、友人などから借りた車を運転中に事故を起こしてしまった場合に、自分が加入している任意保険から優先して保険金を支払うことのできる特約です。

他車運転危険補償特約は、ほとんどの保険会社で自動付帯(自動セット)になっています。



友人から車を借りて事故を起こした場合、友人の任意保険を使ってしまうと、その友人の保険の等級が下がり、保険料がアップしてしまうことになります。せっかく車を貸してくれたのに、相手に大きな負担を与えることになってしまいますので、絶対に避けたいところです。

そのような場合でも、他車運転危険補償特約に加入していれば、自分自身の保険で損害の補償が行えるため、安心して車を借りることが出来ます。



ここでは、他社運転危険補償特約で補償されるケース例や補償対象、補償範囲、特約を使用した際の等級への影響などについて解説します。


この特約で補償されるケース・されないケース

他車運転危険補償特約で補償される例、されない例としては、以下のようなものが挙げます。

補償されるケース

  • 友人の車を運転中の事故
  • 友人の車を駐車中にぶつけられた場合
  • 別居の未婚の子が、その友人に車を借りて運転した際の事故
  • 車検中に修理工場から貸与された代車を運転中の事故

補償されないケース

  • 記名被保険者や家族が所有する車の場合
  • 常時使用する車の場合
  • 車の所有者の承諾を得ないで運転した場合
  • 自分が役員である会社の車を運転した場合
  • 自動車修理工場の社員が、修理を請け負った車を運転した場合



他車運転危険補償特約は、自分の自動車保険の契約をもとに、その契約した範囲で補償を行うものです。そのため、運転者を限定するなど、元々補償範囲を限定している場合も、補償されないケースが出てきます。


    任意保険:夫婦限定
    ケース:同居の子供が、その友人から借りた車を運転中に事故にあった
    ・・・元の契約に子供が含まれていないため、補償されない

もちろん、無免許・酒気帯び運転など、本人に大きな過失がある場合も補償されません。


補償の対象(人・車)

他車運転危険補償特約で補償される人や補償される車は、以下の通りです。これらの条件に当てはまらない人や車の場合は、補償されません。

補償される人

  • 記名被保険者
  • 配偶者
  • 同居の親族
  • 別居の未婚の子

補償される車

契約している車と借りた車の車種・用途の両方が、以下に挙げる「自家用8車種」の場合のみ

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 特種用途自動車(キャンピングカー)

補償範囲

他車運転危険補償特約で補償が可能なのは、あくまで自分が契約している任意保険の範囲内ですが、損害の内容ごとに、それぞれ対応した保険の範囲で補償されることになります。

事故の相手に対する補償

「対人賠償保険」「対物賠償保険」から支払われます。補償額の上限も対人・対物賠償と同様です。

自分や同乗者に対する補償

「人身傷害保険」で「車内+車外」まで補償する契約になっている場合、他車運転時は「車外」に該当するため、人身傷害で補償されます。逆に「車内のみ」補償する契約になっている場合は、人身傷害では補償されません。

また、事故の相手が任意保険に未加入の、いわゆる「無保険車」で、かつ自分も人身傷害に未加入だった場合は、「無保険車傷害保険」で補償されます。

なお、「搭乗者傷害保険」は、契約車に搭乗時のみに補償される保険のため、他車運転時には適用されません。

借りた車に対する補償

事故で借りた車が破損した場合、自分が「車両保険」に加入しているか否かで補償の可否が変わります。

車両保険に加入している場合は、その車両保険の適用条件と範囲に基づき、借りた車の時価額か、車両保険の上限額のどちらかに応じて補償されます。逆に車両保険に加入していない場合は、自腹ということになってしまいます。

自損事故の場合

自損事故で自分や同乗者が死傷した場合、「自損事故傷害」に加入していれば補償されます。ほとんどの場合、自損事故傷害は自動付帯になっていますが、自動セットになっていない場合は、補償されない可能性があります。

自損事故による車の損害に関しては、「車両保険」で補償されます。

自動運転車による事故の場合

借りた車が自動運転車の場合で、車自体の欠陥やハッキングなどを原因とする事故が生じた場合は、「被害者救済費用等補償特約」によって補償されます。

ただ、自分の契約車が自動運転車ではない場合は、補償されない可能性もありますので、車を借りる前に保険会社に確認したほうがいいでしょう。


他車運転危険補償特約を使うと等級が下がる?

他車運転危険補償特約を使った場合、次年度のノンフリート等級が下がるかどうかは、ケースによって異なります。基本的な考え方は、自分の車で事故を起こした場合と同じです。

対人賠償・対物賠償を使った場合

次年度は3等級ダウンになります。

無保険車傷害や人身賠償を使った場合

無保険車傷害や人身賠償だけから保険金を支払った場合は、「ノーカウント事故」になるため、次年度は等級が1つ上がります。