「対物賠償保険」とは?車両保険との違いや補償範囲は?



「対物賠償保険(対物賠償責任保険)」は、自動車事故により、車や建物など「他人が所有・管理している財物」を破損した場合に、その損害を補償するための保険です。また、バスやタクシーなどの営業車を破損させた場合は休業損失を、店舗を破損させた場合は営業損失までも補償してくれます。

自動車事故では人身事故は発生せず、単に物を破損させた場合でも、損害額が億単位になることもあるため、この対物賠償保険も任意保険の大きな柱の一つと言えます。

また、対人賠償と同様、対物賠償で補償されるのは、「他人が所有・管理している物」であり、自分の所有物に対する損害はこの対人賠償では補償されません。


対物賠償保険で補償されるケース・されないケース

対物賠償で補償される例と補償されない例を、具体的に見てみましょう。

補償されるケース

  • 自動車同士で衝突し、相手の車を破損させた
  • ガードレールにぶつかって壊してしまった
  • 止まっている車に衝突し、車を破損させてしまった
  • 店舗にぶつかって店や商品を破損させた
  • トラックに接触して、積み荷を破損させてしまった

補償されないケース

  • 事故で自分の車が破損した
  • 車庫入れの際に、自宅の車庫を破損した
  • 同居している家族の車に衝突して破損させた

なお、発生した事故の原因が、被保険者による故意、各種の天災、カーレースなどにある場合も、補償の対象外です。


対物賠償の補償範囲は「他人の財物」

対物賠償は「他人の財物」の損害を補償するものですが、その「他人」の範囲とはどういったものでしょうか。一般的な「他人」という言葉からは、「自分以外の人」といったニュアンスを感じますが、実際はそうではありません。



対物賠償では、以下の人が所有・管理している物は補償されません。

  • 記名被保険者
  • 被保険者の家族
  • 被保険自動車を運転中の人の家族



つまり、事故で電柱に衝突した場合、電柱の損害は補償されますが、自分の車の損害は対物賠償では補償されません。

また、家族の所有物に対しても補償はされませんので、上に挙げたように、自宅の車庫に車をぶつけても、車庫の修理代は補償されないことになります。


対物賠償と車両保険の違い

相手(他人) 自分
対物賠償 車・建物の直接損害
+間接被害(休業補償など)
×
車両保険 × 車の被害のみ



対物賠償も車両保険も、車の損害に対する補償を行いますが、対物賠償は「他人の車」、車両保険は「自分の車」に対してのみ補償をします。

また、車両保険はあくまでも車の損害に対する補償のみを行いますが、対物賠償の場合は車だけではなく、建物や商品の損害、またそれに伴う営業損失や休業損失といった、間接被害までも補償してくれる点も大きな違いです。

なお、破損した相手の車がクラシックカーなどで年式が古い場合、実際に発生した修理代よりも、支払われる保険金が少ないケースもあります(保険で認定されるのは時価額のため)。そのようなケースに備えて、対物超過修理費用特約という特約もあります。


対物賠償の補償額は「無制限」がキホン

対物賠償の契約補償額としては、「無制限」のみの保険会社が増えてきました。無制限以外の補償額を設定できるところもまだありますが、絶対に「無制限」がオススメです。

以下は、過去の実際に発生した物損事故の、高額賠償判決例からいくつかの例を抜粋したものです。


認定総損害額 判決年月日 被害者物件
2億6135万円 H6.7.19 積荷(呉服・洋服・毛皮)
1億3580万円 H8.7.17 店舗(パチンコ店)
1億2036万円 S55.7.18 電車・線路・家屋

※損害保険料率算出機構の「自動車保険の概況」2017年版より抜粋



自動車事故の場合、事故で被害が発生するのは、相手の車や物だけとは限りません。車に衝突した後に、さらに周りの店舗や家、塀などに何度もぶつかり、複数の被害を発生させることもよくあります。

また、物損だけはなく、損害が営業車や店舗などにおよぶ場合は、車や店が使えなくなる期間の売り上げの損失なども補償しなければなりません。そういった損害をすべてひっくるめると、トータルでは上の例のように億に達する損害を補償しなければならないケースも珍しくありません。

物損の場合には、「人」に対する損害ではないため、自賠責保険による補償もありませんので、すべて自分側が支払う必要があります。ですから、対物賠償の補償額についても、「無制限」で設定するのがキホンと考えましょう。


対物賠償で支払われる保険金は過失割合によって変わる

対物賠償によって支払われる保険金の金額も、事故を起こした当事者間の過失(不注意)の責任の割合、つまり「過失割合」によって変わってきます。仮に被害者側に1000万円の損害が発生したとしても、被害者側にも過失があると認定されると、その分相手に支払われる保険料は割り引かれることになります。



以上をまとめると、以下の計算式になります。

「損害賠償責任額」×「加害者の過失割合」=「対物賠償の保険金」

例えば、損害賠償責任額を1000万円の死亡事故を起こしたとして、過失割合を「自分:相手=80:20」とすると、

1,000万円×0.8=8,000万円

計8,000万円の保険金が、自分の加入している保険の保険会社から相手に支払われるという計算です。