「対人賠償保険(対人賠償責任保険)」とは?補償範囲や自賠責保険・人身傷害との違いは?



「対人賠償保険(対人賠償責任保険)」は、交通事故で人にケガを負わせたり、死亡させてしまった場合に、その損害を補償するための保険です。

人身事故が発生した場合、最も被害が大きくなる可能性が高いのが「人」に関する損害であり、そのため任意保険の補償の中で最も重要だと言えます。

この対人賠償で補償の対象となるのは「他人」であり、自分や家族、同乗者に対する損害はこの対人賠償では補償されません。


対人賠償保険で補償されるケース・されないケース

具体的にこの対人賠償で補償されるケースとされないケースの例を見てみましょう。

補償されるケース

  • 自動車同士で衝突し、相手にケガを負わせた
  • 自転車に乗っている人を轢いてしまい、死亡させてしまった

補償されないケース

  • 車がスリップしてガードレールにぶつかり、自分がケガをした場合の入院費用
  • 友人が自分の車を運転していてケガをした場合の通院費用



対人賠償保険で補償されるのは、あくまで「他人に与えた損害」のため、自分や運転していた友人の損害は補償されません。

また、事故の原因が、被保険者による故意、各種の天災、カーレースなどにある場合も、補償の対象外です。


対人賠償と自賠責保険・人身傷害との違い

相手(他人) 自分
強制保険 自賠責保険(上限あり) ×
任意保険 対人賠償保険
(無制限まで補償可)
人身傷害保険



自動車保険の中で、「他人」に対する補償としては、「強制保険」と言われる「自賠責保険」があります。自賠責保険も、交通事故で他人を死傷させてしまった場合に、その損害に対して支払われる保険ですので、補償対象は同じです。

自賠責保険の補償額には上限があり、その上限も高くはありません(死亡:3,000万/後遺障害:4,000万/ケガ:120万)。人身事故で死亡させたり、重い後遺障害が残るようなケースでは、億単位の賠償額が発生することも珍しくないため、自賠責保険では賄いきれない状況も起こります。

発生した損害に対しては、まず強制保険の自賠責保険から優先的に支払われ、残りの不足分を任意保険の対人賠償保険から支払うという仕組みです。つまり、対人賠償は、自賠責保険の「上乗せ保険」ともいえるわけです。



一方、任意保険の基本補償の中で、「人」に対して補償を行う保険として「人身傷害保険」があります。

この対人賠償と人身傷害は、ともに「人」に対する補償ですが、対人賠償が「他人」に対する補償であるのに対し、人身傷害は「自分」側に対する補償である点が異なります。

ただ、自分側と言っても、自分の車に同乗していて(運転者ではなく)ケガをした友人などは「他人」として扱われるため、対人賠償で補償されます。


「他人」に含まれる範囲

対人賠償は「他人の死傷」を補償するものですが、その「他人」の範囲とはどこまでなのでしょうか。一般的な「他人」という言葉からは、「自分以外の人」といったニュアンスを感じますが、実際はそうではありません。



対人賠償保険では、以下の人は「他人」と扱われないため、補償されません。

  • 記名被保険者
  • 配偶者(内縁を含む)
  • 同居の家族
  • 別居の未婚の子
  • 許諾被保険者(被保険者の許可を得て車を使用、または管理している人)
  • 記名被保険者の使用人(被保険者の業務に従事中の使用人)



つまり、運転者や同乗していた家族、保険者の代わりに運転していた友人などは、任意保険の「他人」の範囲には入らないことになり、対人賠償では補償されないことになります。また、車庫から車を出すときに家族を轢いてケガをさせてしまったような場合も、対人賠償ではその家族に対する補償はされません。

一方、自賠責保険は、運転者と運転共用者以外は補償されますので、家族や子供などに対しては、自賠責保険からも保険金が支払われます。また、運転者や運転共用者に対する補償、および家族や子供に対する自賠責保険の補償額以上の損害は、任意保険の「人身傷害」や「搭乗者傷害」などで賄われることになります。


対人賠償の補償額は無制限がキホン

対人賠償の契約補償額としては、「無制限」のみの保険会社が増えてきました。無制限以外の補償額を設定できるところもまだありますが、絶対に「無制限」がオススメです。

以下は、過去の実際に発生した自動車事故に対する、高額損害の判決からいくつかの例を抜粋したものです。


認定損害額 判決年月日 被害者の職業 年齢/性別 被害状況
5億2853万円 H23.11.1 眼科開業医 41歳/男性 死亡
3億7370万円 H26.8.27 小学生 7歳/男性 後遺障害
3億5332万円 H18.9.27 アルバイト 37歳/男性 後遺障害

※損害保険料率算出機構の「自動車保険の概況」2017年版より抜粋



働き盛りの男性に対する賠償が高額なのは当然ですが、上のように小学生やアルバイトの身分であっても、億を超える賠償金が発生することは珍しくありません。人身事故で死亡した事例の4割は、賠償金額が4,000万円以上ですので、無制限以外では加入している意味がないと考えていいくらいです。


対人賠償で支払われる保険金は過失割合によって変わる

対人賠償によって支払われる保険金の金額は、事故を起こした当事者間の過失(不注意)の責任の割合、つまり「過失割合」によって変わってきます。仮に被害者側に1億円の損害が発生したとしても、被害者側にも過失があると認定されると、その分相手に支払われる保険料は割り引かれることになります。

また、前述のように人身事故の場合は、自賠責保険と対人賠償の両方から保険金が支払われますが、対人賠償から支払われる保険金は、自賠責保険の補償額を引いた額になります。



以上をまとめると、実際に対人賠償で支払われる保険金は以下のようになります。

「損害賠償責任額」×「加害者の過失割合」-「自賠責保険の補償額」=「対人賠償の保険金」

例えば、損害賠償責任額が1億円の死亡事故を起こしたとして、過失割合を「自分:相手=80:20」とすると、

1億円×0.8-3,000万円=5,000万円

合計5,000万円の保険金が、自分の加入している保険の保険会社から相手に支払われるという計算です。