自動車保険の仕組みを基礎からわかりやすく解説



自動車保険は複雑でわかりにくく、保険を取り扱っている代理店の人でも理解できていないことがよくあるほどです。

また、任意保険は直接契約をするため、ある程度把握していたとしても、自分自身で手続きを行わない「自賠責保険」のことはよく知らないという人も多いでしょう。でも、任意保険に加入する際には、自賠責保険のこともある程度は知っておいたほうが適切に保険の設定がしやすくなります。

そこで、ここでは任意保険を選ぶ前に、自動車保険の大まかな仕組みを把握できるよう、わかりやすく説明してみたいと思います。


自賠責保険(共済)と任意保険

まず、自動車保険を大きく分けると、「自賠責保険(共済)」と「任意保険」に分けることができます。

自賠責保険 任意保険
補償範囲 相手の人
(ケガ・後遺障害・死亡)
相手の物・車
自分・家族・同乗者の人・物・車
保険金額上限 傷害120万円
死亡3,000万円
後遺障害4,000万円
契約内容によって異なるが
最大で無制限に補償

基本は自賠責保険

自賠責保険、正式名称「自動車損害賠償責任保険」は、通称「強制保険」と言われており、法律で加入が義務付けられているものです。この自賠責保険は、もともと交通事故の被害者を救済することを目的として、国により導入されたもので、被害者が死亡したり、ケガを負った場合にその損害を補償してくれます。

ただ、「相手のケガ・後遺障害・死亡」に対する補償のみに限定されており、またその補償額も最低限の金額でしかありません。そのため、大きな事故が発生した場合には、自賠責保険の補償のみでは大きく不足することがあります。

また、自分側の損害も一切補償されないため、特に自損事故で自分が死亡するような大きな事故が発生しても、自賠責保険からは一円も保険金が支払われることはありません。


自賠責保険を補う任意保険

一方、「任意保険」は、一般に「自動車保険」として認識されているもので、名前の通り加入は任意です。

そして、自賠責保険が補償してくれない、「相手の物や車」「自分自身や家族、同乗者に発生した損害」まで補償してくれますので、実際に補償の中心になるのはこの任意保険だと言えます。


任意保険の中身

次に、任意保険の具体的な中身を見てみましょう。

任意保険の大まかな枠組みはどの保険会社でも同じですが、細かい部分は保険会社によって全く異なり、非常に複雑です。

まずは、その大まかな仕組みを見てみましょう。任意保険は、主に「基本補償」「特約」「ロードサービス」の3つに分けることができます。


項目 補償例
基本補償 対人賠償 / 対物賠償 / 人身傷害 / 搭乗者傷害 / 自損事故傷害 / 無保険車傷害 / 車両保険
特約 他車運転特約 / 弁護士費用特約 / ファミリーバイク特約など
ロードサービス 事故対応 / 宿泊代補助 / バッテリー上がりなどの対処ほか

大まかな仕組みを理解しておくと把握しやすい

以上のように、自動車保険は「自賠責保険」と「任意保険」の2つの保険から成り立っており、さらに任意保険は「基本補償」「特約」「ロードサービス」の3つから成り立っています。

実際に事故が起きて、損害が発生した場合は、過失割合や補償範囲に応じて、各保険と特約から保険金が支払われることになります。

実際の保険内容や補償は複雑に絡み合っているうえ、保険会社によって補償の名称が異なっている、他社では自動付帯のものがオプションになっているなど、同列に比較するのが難しいところも多いですが、この基本的な構造を頭に置いておくと、自動車保険の内容を把握しやすくなります。